Posts Tagged ‘内祝い’

内祝い

内祝いとは

スポンサードリンク
出産内祝い、入学内祝い、成人内祝い、就職内祝い、結婚内祝い、新築内祝い。人生の喜ばしい節目節目でついてまわるのが内祝いですね。 何かおめでたい事がありお祝いを頂いた後、そのお返しとして内祝いが贈られる事が多いです。内祝いとは慶事に貰ったお祝いへの返礼品であるというとらえ方が現代では一般的になっています。 内祝いの本来の意味は、決して「お返し」ではありません。内(自分のところ)のお祝い、という意味で我が家におめでたい事があったから、その喜びの気持ちを祝い品という形に変えて皆様にもお分けし、一緒に喜び祝ってもらおう・・・というのが本来の意味です。

内祝いのしかた

出産内祝いの場合、赤ちゃんの名前が決まってお宮参りをする生後1ヶ月くらいまでを目安に、内祝いをします。宅配便などを使った託送の際は、礼状でお祝いのお礼と内祝いを発送したことを伝えます。必ず夫婦連名で出しましょう。

出産内祝いの品選び

昔は赤飯と千歳飴や紅白砂糖など縁起物が定番でしたが、今は実用的な石鹸やタオル、シーツのセットや コーヒーセットなどが選ばれることが多いようです。 会社から何人かでいただいた時はみんなで食べられるお菓子などを。品の表書きは「内祝い」として下には赤ちゃんの名前を記します。また新しい間柄なら、お披露目として写真を同封しても喜ばれます。

出産内祝いの相場(金額)

金額はいただいたお祝いの1/3から半額程度ですが、もらった金額にこだわらず、一律にお礼をしてもさしつかえありません。その場合は、1,000〜5,000円程度が一般的な目安と考えて良いでしょう。

内祝いの仕方と金額の目安

金額の目安 出産祝いの三分の一から半額程度
時期 生後1ヶ月くらいに
品物 赤飯、かつおぶし、紅白の砂糖、石鹸やシャンプーなどの詰め合わせ、タオルなど
表書き 内祝、下に子どもの名前をふりがなをつけて記載
水引 紅白蝶結び
のし あり

スポンサードリンク