お七夜

お七夜とは

お七夜とは、「お七夜の祝い」「名づけ祝い」「命名式」ともいわれ、誕生後7日目(生まれた日も入れて)に赤ちゃんに名前をつけ、白紙に書いて神棚や仏壇などに貼ってお祝いをすることです。

スポンサードリンク



生後七日目の赤ちゃんに名前を付ける

お七夜は、生後7日目の赤ちゃんに名前をつけて、「人間として存在していますよ」ということをその地域に住む人や、その土地の産神〔うぶかみ〕様に報告をする日です。

現在の民法では、出生後十四日以内に出生地、本籍地、届出人の現住所のいずれかの役所へ出生届を出すことになっています。そのため、名前をつけるのは十四日以内という考え方が一般的です。

お七夜のしかた

生後七日目というと、ちょうど母親が退院する時期に当たります。赤ちゃんを初めて我が家に迎え、産婦である母親の退院祝いを兼ねたお祝いと考えられています

お祝いの席の主役は赤ちゃんと産婦です。赤ちゃんと産婦の体調を気づかって、祝いの席は極シンプルにするようにしたいものです。

招待する人は、それぞれのご両親や兄弟などの極内輪の家族に限定し、産婦の食べやすい料理を用意すると良いでしょう。

スポンサードリンク

Comments are closed.