出産祝いの時期

出産祝いの時期

スポンサードリンク
出産祝いは母子が退院した後、お七夜(生後7日目)からお宮参り(男の子は生後31日目、女の子は33日目)間での間に行うのが出産祝いのマナーです。
しかし、現在は、ほとんどの人が病院で出産するようになったことも相まって、病院から退院した後、2から3週間たって、妊婦の疲れがとれた頃をみはからって持参するか、又は宅配便で送るようにすればマナー違反ということにはならないでしょう。

また、出産の知らせを聞いたら、電話でお祝いの言葉を家族の人に伝えてもらい、後日、お祝いの品を贈っても良いでしょう。いずれにしろ、妊婦さんや他のご家族の負担にならないようにするのがマナーです。

友人はいつ面会に行けばいいの?

世間的な常識では、病院に出産の御祝いに行くのは、近親者とごく親しい友人までとされているようです。しれ以外の友人、知人は退院後しばらくしてからとされていますが、そうなると出産後、なれない育児に時間をとられて掃除もままならない家庭へ出向くことになってしまいます。
実際のところ、病院の方が個室であったり、面会室も充実していたりと、むしろ病院にいる間に御祝いに来てもらった方が楽だと考える人も多いのではないでしょうか。できれは先方の意向を伺ってから時期を決めた方がよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

Comments are closed.